防犯に効果的な印鑑

銀行印イメージ

銀行などの金融機関を利用するために、必ず必要になる印鑑のことを「銀行印」といいます。
銀行などを利用するためには、まずは自分の口座を開設してもらう必要があって、そのための本人確認と認証のために銀行印が利用されています。

銀行印は、法律上では特定のものはありません。
銀行印とは、金融機関での金銭のやり取りや、個人で銀行などを利用してお金を管理するために利用される、とても重要な印のことを指します。

つまりは、銀行などで口座を開設したのち、本人が管理するために必要な印なのです。
なので、どういった印鑑でなければいけないなどといった取り決めはありませんが、やはり金銭を管理するためのものなので、それなりに気を使った方がよいでしょう。

たとえば、シャチハタなどで良く使われている書体ではなく、少し見慣れない、変わった書体の印鑑などは、他人の悪用を避けるためには非常に効果的です。

また、印鑑の大きさも、「24ミリの正方形にはまるサイズ」ならばどんなものでも良いことになっているので、通常の印鑑よりも少し大きめのものを用意すると、さらに防犯対策になるでしょう。

ちなみに、銀行印に求められるのは、ほとんどの場合「ゴム印以外」のハンコなので、しっかりと押すことができれば、三文判などの安く求められるハンコでも届出はできちゃいます。

ただしその場合、悪用されないための防犯機能としては、かなり低くなってしまいますから、やはりちゃんとした印鑑を一本、用意するのが好ましいですね。
三文判は量産された印鑑ですから、同じ形をしたハンコが世の中にはたくさん出回っているので危険なのです。

ページの先頭へ