若い世代の人たちに人気!

銀行印イメージ

銀行印といえば、昔は象牙や水牛などの自然素材を使った印鑑が主流でした。
今でも印鑑の大部分がそういった自然素材でできたものですが、最近はもっと違った素材の印鑑が出回ってきています。
その代表が金属でできた印鑑です。その筆頭はチタンを使った印鑑なのですが、若い世代の人たちを中心に今人気になっているのです。

銀行印は、使う人によってはかなりの頻度で使います。そのため、あまり柔らかい素材を使った印鑑や、変質しやすい材質のものは向きません。
自然素材の中にはそう言ったものも多いのですが、最近でてきたチタンなどの金属印鑑は、その点問題はありません。
もともと金属ですから、変質しにくいですし落としたりしても欠ける心配がありません。また、使っていくうちに摩耗していく押印部分も、金属ならばほとんど削れることはないでしょう。

こうした点から印鑑としても素晴らしい性能を誇る金属印鑑は、チタンのほかにもアルミなどを使ったものもあり、メタリックな外見は持っている人までスマートな印象を与えてくれます。
昔ながらの象牙や水牛などの印鑑も、押し心地や質感などの点から好まれることも多いですが、やはり一生使えるくらい長持ちすると言う点や、従来のものとは違うというブランド性が人気の理由なのではないでしょうか。

また、ものにもよりますが、値段も手ごろな価格から高級品のような値段のものまでピンキリです。
やはり値段が高くなるごとに印鑑の性能もよい場合が多いですから、一生ものだということを考えつつ一本用意してみてはどうでしょう?

ページの先頭へ